元旅行会社勤務のライターが書く気分きままのたびログ

18歳で総合旅行業務取扱管理者資格取得。旅行記を中心に情報を不定期発信しています。

【実録】3世代ハワイ旅行の費用・準備・注意点を公開します

(2019.9.10 内容をアップデートしました)

〜この記事の概要をざっと説明すると〜

  1. 4歳の子連れ旅行で役に立ったグッズを紹介
  2. 大まかな旅費をざっと公開
  3. 出発前に事前予約しておいたものを公開
  4. シニア世代に関するハワイ旅行で気をつけたいこと3つ

10月中旬に5泊7日で親子3世代ハワイへ行ってまいりました。

f:id:tabinomushi:20181116164341j:plain



8年前、結婚式をハワイでやってから、もうドツボにはまった私。 出産前に主人とヨーロッパを旅行し、妊娠発覚。「産んだら絶対ハワイ行くから!!!7ヶ月で行くから!!!」と宣言。 (まぁ、姉の結婚式がハワイであったのでどうしても行きたかったのもありますが・・・)

新婚旅行で1回、姉の結婚式で1回、完全バカンスで1回、そして今回で4回目の渡航です。 息子。4歳にして3回目のハワイ(ごめんよ、完全に親のエゴでございます)
今回は10年来の仲良し7人組の中の1人の結婚式があったので参列して参りました!
(3世代になったのは、「定年の記念に行きたい!ハワイ!」とノリノリな両親が付属でついてきたので・・・笑)

私 ・主人・息子・じじ・ばば そして、現地集合&現地解散の友人3名といって参りました( ^ω^ ) (現役&元旅行会社勤務の私たち。旅行にいくときは現地集合・現地解散がベース。国内・海外問わず「1日でも予定が合えばいい」というもとで動いてます)一言いいます。幼稚園児の海外旅行、めっちゃ楽勝←今回は出発前に準備したことやホテル選び、費用などのエピソードをレポートしていきます♪

5泊7日の3世代ハワイ旅行の準備をしよう

ハワイ旅行はふらっと行ける場所ではない!ましてや子連れ&3世代となると、事前に予約&準備しておかなければならないものがたくさんあるのです。ということで、今回のハワイ旅行の費用や実際に持っていった息子グッズなどをご紹介します。

ハワイ旅行の大まかな旅程


今回は3泊はコオリナ、2泊はワイキキステイにしました。主人のご親戚がマリオットとヒルトンのタイムシェアを所有していて 「せっかく行くなら使いなよ」と天使のような一言を!!! 本当は5泊ともヒルトンでお世話になる予定だったのですが、
「ヒルトンはエクスペディアで安くでるときがあるけど、コオリナはめったに行かない!」 と思って、結婚式当日にワイキキに移動することにして前乗り3日間をコオリナで楽しむことにしました。(ありがたや〜ありがたや〜)

Pちゃんは、東海エリア在住なのでセントレア(中部国際空港)を利用します。が、今回は成田を経由していくことにしました。 というのも、ぽい太郎の就寝時間 なんと、19時!!(◎_◎;) 幼稚園年中さんのぽい太郎、19時に寝ます。

 

朝まで全くおきません。超爆睡。冬になると日暮れが早いので下手したら18時30分には寝てしまいます。 セントレアから出発する直行便は22:05出発。どう考えても無理だ。おきてても悲惨なのが目に見えている。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)ぽい太郎の就寝時間前後1時間で出発する便を検索したら、 成田発20:00発の便を発見!

ということで、14:50発の成田行きの国内線に乗り、16:00に成田着。 シャワー・食事・歯磨きを済ませて寝るだけの状態にして20:00発の便に乗ることにしたのです。
帰りは直行便をチョイスしました。海外旅行をするときは「とにかく飛行機の中で泣かせないこと」 この1点にほぼ神経を集中。

今回は4歳とある程度お兄ちゃんになったこと&出発時間を就寝時間に合わせたこともあって 飛行機内は完全作戦勝ちでした( ・∇・)

★子連れ海外旅行の機内対策をまとめました。実際にやって効果があったのでハワイに限らず、子連れで中長距離路線にのる人はぜひ参考にどうぞ! 

un-chiku.com

ホテル&飛行機にかかった費用

基本的に1回のハワイ旅行の予算は、5泊で大人1人15万円以内で済むように予算を組んでいます。絶対外せない条件として、飛行機は日本航空一択!

  • JALのマイルを貯めている
  • 溜まったマイルを航空券の支払いに使いたい
  • 重水に機内食が単純に楽しみ
  • 子どもに優しいJALのお姉さんに安心感がある
  • 日本語が通じる安心感で旅行の緊張を和らげたい


やっぱりね、日系航空会社の安定大事!外資系がダメとかじゃなくて、旅行に行く時と帰るときの安心は欲しい!今回も、もちろん日本航空で行きました。 肝心の料金は?というと・・・

  • 航空券→母と私で貯めたマイルを合算して、大人1人だいたい10万ほど(TAX込み)
  • コオリナマリオットビーチクラブ:ご好意で宿泊させていただくのでなし!
  • アウトリガーワイキキビーチコマー:キングベッドオーシャンビュー2泊分 約5万(TAX込み)


今回はAIRチケットが高かった・・・。なんでだろう?この時期はなぜか周辺のホテルも高かったんです。マリオットの宿泊がかからなかったのが大きかった・・・。

我が家は特典航空券を取らず、10000マイルを15000円分のe-JALポイントに変えて相殺しています。ビーチコマーはのちに旅行記にアップしますがなんと!!スイートルームにアップグレードしていただきました!

 

両親の部屋と私たち家族と2部屋取っていたのですが2ベッドルーム・2バスのオーシャンフロント♪ラナイが3つあって、ダイヤモンドヘッド・海・シェラトン系列のストライキがよく見えました←

ちなみに普段行くときは、全て同じホテルに連泊です。コンドミニアム必須!ハワイに何回も行き、いろんなホテルに泊まった結果、私はワイキキバニアンによく泊まります。値段・立地・設備が低予算で行くハワイ旅行には欠かせない♪

www.tabinomushi.info

ハワイに行く前に用意&予約したもの

f:id:tabinomushi:20181116164249j:plain


今回新たに新調したグッズや予約したものは

  • 子供のスーツケース
  • 機内で遊ぶためのシールブック
  • 空港〜コオリナまでのタクシー(JALOALOカード特典利用)
  • ワイキキ〜空港までのタクシー(JALOALOカード特典利用)
  • アウラニのキャタクターブレックファースト
  • ワイキキで食べるルースズクリフの座席
  • ワイキキ&カハラ地区で撮影するファミリーフォト (私はここで予約しました)

今回は子供のスーツケースを用意して自分で持たせて、おもちゃ・服など自分で考えて用意させることに。意外と子供の荷物が多い!服は現地購入で派さんもいますが、私は基本持っていきます。 なぜなら、現地購入にしてしまうとムダに買うから。

洗濯をすること前提なので、Tシャツ・短パンを3セットに上着1枚くらい?出発日と帰国日はロンTの上にポロシャツを重ね着させて、デニムを履かせました。

機内で遊ぶもので1番特に役にたったのはダイソーで売っている幼稚園児向けのワークブック!なぞなぞ・めいろ・数・ひらがななどが1冊につまっているものを用意しました。あと、しまじろうのおもちゃと絵本(これ本当に無敵です)幼稚園児にもなると、機内オーディオのアニメがドンピシャ世代なので 「好きな時にみていいよ」と伝えました。

  • 大きい声を出したり飛行機の中を歩き回ったりしない
  • ママが「トイレだよ」って言ったら出なくてもいく
  • 足をぶらぶらさえるなど、他のお客さんが嫌がることをしない

この3つを飛行機に乗る前に約束させて、それ意外は大目に見ていました。ガミガミいうことなく。トイレ以外歩くことなく!席で静かにしてました。

しいていえば、セントレアから成田までの移動40分のテンションがあがってたので、
ここの対策も考えておけばと思いました。 おやつタイムは一瞬で終わってしまうので、絵本なり、シールブックなり渡しておけばよかったなぁ・・・と後悔。

現地についてからのタクシーは日本で事前に予約しておきました。(JALOALO特典のチャーリーズタクシーです)せっかくコオリナにいくので、キャラクターブレックファーストも予約! 英語サイトからだと、ネットで予約できます。 電話番号は携帯か滞在先ホテルを入力しましょう。

ルースズクリフは予約を絶対した方がいいです!ウェイティングでかなり並んでいました。17時に予約したのですが、外にはズラーーーっと長い列!お店の人に聞いたら17:00〜18:00が割と予約が取りやすいとのこと。日本語ページがあるので、いく予定がある方はぜひ!

ファミリーフォトは早めに予約しよう!

今年は七五三!写真館で写真を撮る習慣がなかった私。調べたら、いやーアルバムやらお衣装やらいろいろある。 あほくさ笑!!←ごめんなさい七五三は成長の通過点ではありますけども。「お衣装着てアルバムにして何十万もかけるなら、ハワイで笑顔いっぱいの家族写真とるわ!」と思い予約しました。

しかし!予約がギリギリだった私。時間がとれるのが土曜日の午前中のみでした。希望の時間が空いていなかったんですね。基本平日の受付がほとんど 予約するまでかなり苦戦しました。インスタ映えの影響のおかげで、人気なんですって。撮影を考えている人は早めに予約することをオススメします。

3世代ハワイ旅行はシニア世代にも注意が必要!

親はいつまでも元気ではありません。「3世代旅行といっても、両親はまだ言うほど年をとっていないし大丈夫」なんて油断していると、現地でイライラ&ストレスがたまります。特に気候・環境も日本と違うハワイ!いくら日本語が通じやすい国といっても、ルールも違えば文化も違います。3世代旅行でどうしても子ども優先になりがちですが、シニア世代のことも考えた準備もしておきましょう。

3世代ハワイ旅行でシニア世代が特に気をつけたいこと3つ

子連れハワイの場合、子供目線に注目しがちですが、シニア世代にはどんなことを気に掛けるべきなのか?シニア世代をつれてハワイ旅行にいく際気をつけたいことは3つ

その1:麦茶のパックと水筒を日本から持っていく

ハワイは日本よりも正直行って涼しいです。というより、暑いのですが、嫌な暑さではありません。ジメジメしていないカラッとした暑さです。風も心地よいです!でも、暑いことには変わりないので、水分補給は忘れずにしましょう。ABCストアなどでももちろん売っていますが、高い&ジュースが多い!お水やお茶も売っていますが、口に合わないシニア世代もいます。日本から麦茶のパックを持参してホテルで沸かしましょう!

 

それこそ、ワイキキバニアンのようにキッチンがついていれば、やかん(ない場合は鍋)で麦茶が沸かせます。ホテルの場合はポットがあります。ない場合はフロントに言えば貸してくれるので^^夜に作って、冷蔵庫にいれておけば冷えますしね♪(ちなみに私は耐熱のボトルを100均で買って、麦茶を冷蔵庫でストックできるように持っていきます。)

その2:食事は1日に1回は温かい日本食を食べる

ハワイだからといって、ステーキやピザなどジャンキーなものばかり食べていては、胃が疲れます。胃だけでなく、体が重たく倦怠感を抱くこともあるので、1日1回は日本食をいれましょう!なにもハワイだからといって、名物を毎日食べる必要はないのです。個人的におすすめなのは、ラーメンとローソンのおでん!(笑)ハワイで日本食を安く食べたいなら、ワイキキ横丁が◎!フードコートのように、日本食テナントが入っています。好きなものを各自で食べられるので、子どもも大人も満足できます。

その3:旅程を詰めすぎない!オプショナルツアーは基本的に午前中のみ

ハワイは本来ゆっくりするとこと!リラックスしリフレッシュできるような場所です。いろんな所を回りたいのもわかりますが、気が張って疲れることもあるでしょう。オプショナルツアーや観光は基本午前中に3〜4時間で回れるものにしましょう。午後からはホテルで休憩したり、コーヒーを飲んだりリラックスタイムを挟んでから再び動き出します。

子どもは元気なので、シニア世代が休んでいる間にパパは子どもと海やプール、ママはカラウア大通りをショッピングなんてのもいいかも♪3世代旅行だからといって、何もずーっと一緒に行動する必要はないのです。別行動をするときは、ホテルに◯時には一回集合!と決めておくと、連絡がとれないときも便利ですよ^^

まとめ

ハワイ3世代旅行は正直いって準備が大変です。私たちが行く時は、まだ息子が幼稚園なので閑散期に行きますが、小学生になるとこうもいかないだろうなぁ・・・と。GW・お盆・年末年始になりそうです。でも年末年始でも、1人あたり10万円代で行くプランの組み方があるんです^^記事にもまとめているので、よかったら参考にしてみてくださいね!

www.tabinomushi.info