HISは海外だけじゃない!日帰りバスツアーが人気な4つ理由

HISといえば、海外旅行のイメージが強い人が多いのでは!?実はHISは海外旅行だけでなく、国内旅行の取扱もあります。よくヒルナンデスのバスツアーでも取り上げられてますよね^^

「HISって海外専門会社だから、国内弱いんじゃないの?」「バスツアーっておじさん・おばさんだけでしょ?」「そもそもバスツアーってどうなの?」なんて人にバスツアーの魅力をお伝えしていきたいと思います!

HISは海外旅行はもちろん国内旅行も対応できるマルチな会社

HISと言えば、格安海外旅行の代表格といっても過言ではないでしょう!おそらくHIS=海外旅行のイメージが強いのではないでしょうか?

格安海外旅行の第一人者でもあるHIS。てるみくらぶも格安旅行会社ではありましたけど、Pちゃんの個人的見解では、HISがダントツかな?と思います。

もともと海外旅行を専門に取扱していましたが、私が旅行会社に就職した2009年くらいに国内も参入してきたんですと。「いやぁー、エイチ(HIS)で国内は厳しいだろ」と思っていましたが、すごいですね!(笑)

今となったら国内・バスツアー・そしてテーマパーク参入までマルチにこなしてますもん。澤田社長すげぇわ。

 

そもそもバスツアーって何?

バスツアーは、学生の頃によく社会科見学や修学旅行で利用していた大型バスで、ツアーに行きます。ほとんどが日帰りですが、中には宿泊タイプのプランもあります。(温泉が多いかな?)

夜行バスをイメージしていただければ!(夜行バスほど快適性にはかけますが・・・)

  • 運転しないから昼からお酒が飲める
  • 自分でいろいろなところに行かなくても連れてってもらえる
  • 特典満載で行くだけでメリットが多い
  • 入場料や昼食が含まれているからお得感がある
  • そもそもツアー価格が1万円前後で安い

など、メリット満載♪「旅行にいきたいけど休みが取れない」「どこか行きたいけれど予算がない」「土日以外でも旅行に行きたい」なんて人におすすめなのです。

よくご年配の方がたくさん参加されているイメージがありますが、土日はファミリー・女子・男子関係なく参加しています。平日は確かにご年配の方が多いですね。

何がすごいってバスに乗った瞬間、次のバスツアーの予定を立てているところ!(笑)元気の秘訣かもしれませんね。
HISの日帰りバスツアープランはこちらでチェックしてくださいね^^

バスツアーで人気のコースは味覚狩りやグルメ系

バスツアーにはさまざまなプランがあります。開催されているイベントに行くものや、近隣の県に行って観光をするもの、ホテルバイキングも人気です。

その中でも圧倒的に集客率が高いのが、シーズンものの味覚をテーマにしたツアーです。特に秋の味覚ツアーはキャンセル待ちが出ることも!

松茸・肉・海鮮食べ放題、そしてさくらんぼやイチゴなどの果物狩りは特に人気です。食べ放題系は朝からお腹をすかせて挑む人も!HISのバスツアーに限らず、どこの会社でも圧倒的な人気を誇っています。

ちなみに、私が現役時代によく対応させていただいたおじいちゃん。グルメツアーは月3回参加してました^^旅行業界を退いた今でも仲良くさせていただいてます。

 

ここがいい!HISの日帰りバスツアー4つの魅力

バスツアーはさまざまな旅行会社が参入しています。その中でもPちゃんはHIS推しです(東海エリアでしたらドラゴンズパックよりもカッコーツアー派ですが)HISの日帰りバスツアーの魅力を4つご紹介します。

その1:全国各地で出発プランが組まれている

バスツアーって、各地域の中小規模程度の旅行会社が企画していることが多いんです。そのため、発着地が地元になりがちなんですよね。カッコーツアーやドラゴンズパックの場合は、名古屋発着がメイン。あっても周辺東海エリアにちょこちょこある程度。

HISの魅力は、関東発(東京)はもちろん、関西発(大阪)や東海発(名古屋)など、主要都市をカバーしていること!

つまり、全国各地からHISのバスツアーに参加できるんです。それぞれ出発地近辺の観光スポット・魅力を楽しめるプランが満載!

大手ならではでしょうね。関東エリアはHISにバスで運行していますが、地方はバス会と提携してプランを組んでいます。地元の会社と提携して運行することで、ツアー数を増やせるんでしょうね。さすが。

立地的に関東発エリアがツアー数が多い傾向はありますが、関西や名古屋発でも最近プランが充実してきてます。

名古屋からだと、長野などの信州エリアや滋賀・京都などの関西エリアまでカバーしてます。個人的には八ヶ岳までいくプランが好き(笑)

 

その2:バスのシートが快適

HISのバスツアーは疲れないイメージが強い!なぜかって?座席にGゼロクッションが装備されてます。長時間のバスは運転する人だけでなく、乗っている方も疲れる!腰においてもよし。座席に敷いてもよし。日帰りバスツアーの常連にもなると持参する人がいるくらい。

旅行は元気がないと行けませんからね!2019年8月よりHIS号運行プランのバスには搭載しています。参加したいツアーのバスがどのバスタイプで運行するのか?事前にチェックしておきましょう!

 

その3:オリジナリティ溢れるプランが多い

バスツアーの欠点は、似たり寄ったりなプランが多いこと。おそらく日帰りバスツアーによく参加される方はわかると思います。プランの内容をみて「うーん・・・なんかいまいち」「新鮮味がないな」って感じませんか?(私もその1人です)

HISの日帰りバスツアーって、比較的バリエーションが豊富なんですよ。味覚ツアー1つにしても、ただ果物狩りやグルメを楽しむだけでなく、ソフトクリームを自分で作る体験やイベントを入れてみたり。カフェに立ち寄ってみたり。

バスツアーなんだけど、団体感がない、ちょっと工夫しているプランが割と多いんです。若いグループが多いのも納得。

 

その4:プライベートバスを完備

HISは地方ツアーに関してはバス会社と提携して運行していますが、主要都市ではプライベートバスの運行ツアーを開催しています。このHISプライベートバスが本当に快適!(笑)

むしろ、1台くらい地方にも回して欲しいくらい。10列だから1席あたりの座席が広いですし、足も伸ばせる。

175cmの主人でも窮屈感なく、快適に利用できました。「バスって広いんだね」って言ってましたし^^おそらく新宿エリアによく行く人は見かけたことが1度くらいはあるのではないでしょうか?

 

バスツアーに参加するならエコバックとジップロック持っていけ!

HISの日帰りバスツアーに限らず、私がバスツアーに参加する人全員にアナウンスすること。それはエコバックの持参です。

バスツアーって、とにかくお土産が多いんですよ。紙袋に入れるようなお土産ではありません。おまんじゅう1つとか(笑)りんご2個とか(笑)バラタイプのお土産がついています。袋に入れていただけるんですけど、なんたって増え続ける!

そんなときエコバック1つもっておけば、全てひとまとめにできます。バスの座席にあるフックにかけておけるので、すぐに取り出せられます。

あとジップロックを2~3枚忍ばせておきましょう。食べ放題系のツアーに行くとどうしてもお腹が苦しくなります。食べかけは袋タイプのジップロックにin。ゼリーとかでも液漏れしませんしね^^

 

まとめ

「日帰りバスツアー=年配の方が行くもの」ではありません。最近ではツアー内容も若い世代に合わせたタイプや、男旅!みたいのものもあります。1万円あればおつりがくるツアーが満載♪

「ちょっと気分転換したい」「休みはないけどどこか出かけたい」なんて人にもおすすめです。

団体行動といっても、ずっと一緒ではありません。「ここから2時間は自由行動です」「◯時までに戻ってきてくださいね」とプライベートな時間もたくさんあります。全員で写真撮影なんてのも今はほとんどないので^^気軽に参加してみてくださいね!