【プロ目線】冬だから旅行に行こう!絶対おすすめしたいスポット6

冬の国内旅行は楽しみが多い

  • 冬は寒いから出たくない
  • 旅行に行きたいけど、外に出たくない
  • できれば暖かいところに行きたい
  • どこか行きたいけど思いつかない

夏休み・シルバーウィークに大きな旅行へ行った後に陥る旅行ロス!「どこか行きたい」って思うことないですか?

みなさん、だいたいまとまった休み・大きな旅行に行ってからだいたい3ヶ月くらいしたら、旅行欲が出てきてるな〜と感じます。
私もだいたいそのくらいですね〜。理想は半年に1回!(そのくらい稼ぎたいっす)そんな人に冬の国内旅行をおすすめしたい!

冬の旅行って寒いイメージしかないのですが、空気が澄んでいて景色も綺麗ですし、食事も満足できます。私は冬こそ日本の素晴らしさを実感して欲しいなって思っています。

秋から冬にかけての日本って、全国どこいっても綺麗なんですよね!食事も楽しめます。魚介類がとっても美味しい!現役時代を思いだしても、温泉やら自然を楽しむ旅行の申し込みが多かったな〜って思います。

冬だから行きたい!デートにファミリーに◎!国内おすすめスポット6選

どのシーズンに入っても魅力的な場所はたくさんあります。でもその中でPちゃんがおすすめしたい、冬だからこそいってほしい旅行スポットを厳選して6つご紹介します

その1:やっぱり温泉(全国)

冬の温泉がなぜいいのか?温かい露天風呂に浸かりながら感じる冬の外気!!!あれがたまらないんですよね♪内風呂でしっかり温まってから露天風呂に行けば、寒さもそんなに気になりません。なにより冬の温泉ってライトアップがすごく風情溢れます。

夏と違って、長くゆっくり浸かっていられるからリラックスできますしね^^あと湯気もいいですよね♪何度入ってもまた入りたくなる。これが冬の温泉の魅力ですね^^貸切風呂でゆっくり入るのも◎!

冬こそ行ってほしいのが銀山温泉(山形)

全国各地の温泉地に行って欲しいけど、その中でもおすすめは山形県にある銀山温泉!街並み全体が大正ロマンを思い出させるような趣があるんですけど、冬は雪とガス灯のライトアップがマッチして風情あふれる街に大変身します。一面銀世界のロマンチックさもPちゃんは好きです^^

すいかの名産地、尾花沢市にある銀山温泉。夏は爽やかで涼しげなのですが冬はまた違った一面を見せてくれます。銀山温泉に行ったらぜひ、「野川とうふや」さんに行ってみてください^^立ち食いシリーズがおすすめ!(これ、売り切れ早いですからね!)

温泉街は栄えておらずお店は片手で数える程度。温泉も10件程度と小規模ですがレトロな雰囲気と硫黄の香り、クラシカルな世界観が堪能できます。カップルデートにおすすめ!

その2:白川郷(岐阜県)

世界遺産の合掌造りで有名な白川郷。展望台から合掌造りのライトアップされた街並みが◎!白川郷は分厚い茅葺き屋根でできた、手のひらを合わせた「合掌」に似ていることから名付けられました。

豪雪地帯の白川郷、なんと2〜3メートルも積雪します!これね、白川郷に冬に行ったことがあるんですけど、「大丈夫でしょ」と思って雪の上を歩いたら、まるで落とし穴に落ちたかのような深さでびっくりしました(笑)

白川郷は街並み自体はそんなに広くありません。個人的には喫茶店がおすすめ!レトロな雰囲気のお店で、こじんまりとしていますがとても落ち着く空間が流れています。お団子や牛寿司などのグルメも堪能できますよ♪

車で行くならノーマルタイヤは絶対ダメ

白川郷は高山からバスで1時間ほどでアクセスできます。毎年スタットレスもチェーンも巻かずに立ち往生している車を見かけるので、できれば公共交通機関を使うことをおすすめします。

高山市内の旅館からバスの案内が出ています。白川郷で日本酒も飲めるので、バスがおすすめ!高山の街並みには酒蔵が点在しています。寒い地域の日本酒は本当に美味しい!飲みながら冬の白川郷散策も悪くないですよ〜♪主人はいつも甘酒をいただいてます。芯から温まるんですって^^(私は得意ではありません)

その3:北海道(函館)

日本3大夜景スポットに認定されている函館!特におすすめなのは、10月後半から12月上旬!雪が本格的に降るシーズンになると、吹雪で見えなくなったえい、積雪で展望台まで上がれなかったりと悪条件が重なります。

夜景もすごく魅力的ですが一番くっきりと北海道の形がみえるのが何より感動!(笑)「うわ〜地図通り!」って。個人的には夕日から夜景にシフトするまでをみて欲しいですね。周りがどんどん暗くなって、街に明かりが灯すまで、あの経過を見て欲しいです!!寒いことを忘れて感動します^^

その4:神戸・三宮エリア(兵庫)

神戸・三宮エリアは街並み全体がおしゃれ!デートスポットとしてみ知られています。「クリスマス時期のホテルが比較的安いな」と感じることが多かったです!ホテルオークラ神戸の高層階・夜景の見えるお部屋で朝食付きプランが個人的にはおすすめ。

あと、神戸・三宮エリアってレトロな雑貨が多い&ファッショナブルなものが多いんですよね。なんていうか、ガイドブックがなくてもそぞろ歩きで1日楽しめる街だなって思っています^^

ファミリー旅行なら、街みいですが六甲山のあたりに行くのもおすすめ!六甲山牧場あります。(防寒対策必須!)アンパンマンミュージアムもいいけど自然を楽しむの醍醐味ですよ^^

その5:なばなの里(三重県)

三重県桑名市にあるナガシマリゾートの一角にある施設です。施設というか、何万本の花が植えられてとても綺麗なのですが、冬は植物以外にも注目されて大人気のスポットとなります。

そう、イルミネーションです!なばなの里はイルミネーションが冬の風物詩となっているんです♪東海エリア在住の方はデートスポットで絶対行くのではないでしょうか?

毎年10月ごろから翌年5月までコンセプトを決めて国内最大級のイルミネーションを展開しているんですけど、1色じゃなくて何色も使って光の演出を施します。

光だけでなく、時期に応じて紅葉・梅・桜・チューリップなどもライトアップされます。去年の富士山もすごく綺麗でしたし!くまモンもかわいかった!いわゆるインスタ映えスポットです。17時ごろから周辺道路がすごく混雑します。

ジャズドリーム・ナガシマスパーランドへ行ってから行きたい人が多いので、混雑を避けたいなら16:00にはなばなの里にいると、まだ入りやすいです。なばなの里は、ショップや飲食店も入っているのでカフェで休憩するのもありですよ♪

光のトンネルは入り口付近でさっと写真を撮ろう

なばなの里イルミネーション名物光のトンネル!ライトアップで200m近いトンネルをくぐるのですが、写真がね上手くとれないんですよ←

個人的には中に入りきって中間で撮るよりも、入り口付近で写真を撮る方がおすすめ!逆光になりすぎず、イルミネーションも綺麗にとれます^^個人的にはライトアップの電球の形をチェックして欲しいです。これ、お花柄なんですよ^^

その6:北陸(金沢・和倉)

北陸は冬こそ行くべき場所!!何たって魚がきゅっと引き締まって美味しい♪ぶりしゃぶにカニにフグ♪魚介の美味しさを堪能絵切る北陸は冬こそ行って欲しい!私は息子と一緒に行く時はいいお店ではなく回転寿司にいきます。

定食屋さんで魚の煮付けを食べるのも良いんですけど、子ども連れてくと大変なのよ!(笑)でも北陸の回転寿司やさんって、どこのお店に入ってもお寿司が美味しい!(スシローさんとかかっぱ寿司さんみたいな100円寿司じゃなくて、回転寿司!)

金沢の町並みや市場を楽しむもよし!ちょっと離れて和倉温泉でそぞろ歩きもよし!風情あふれるインスタスポットがあふれる北陸エリア。北陸は、電車旅がおすすめ^^

冬の旅行は夏以上に荷物が増える

冬の旅行って夏以上に荷物が増えます。なぜなら防寒対策以前に1つの服に対する厚みが変わるから!Tシャツ1枚で良かった夏とは違い、冬は何枚も服を重ねなければならない。厚みが増す分、重くもなるし荷物も増えます。

私は冬に旅行に行く時は、エコバックを2つ入れていきます。普段は1枚だけなんですけど2枚に増えます(笑)あと、雪技に行く時にスーツケースはただの邪魔です←キャスター、壊れます。できるだけコンパクトに済ませましょう!

ちなみに最近ではシーズン問わず宅配サービスを利用していますね。スーツケースって高そうでしょ?コンビニでクロネコヤマトを利用すると、スーツケースは一律料金で送ってくれます!(助かる〜)

夫婦2人のときは、別に荷物が邪魔と感じなかったんですけど、子どもが生まれてからはずっと宅配サービスを利用しています!宿泊施設によっては宅配割引サービスや、荷物を無料で送ってくれるところも!旅行は荷物をいかに少なくするか?がポイントですよ^^快適大事!

冬の国内旅行で気をつけたいことは4つ

冬の国内旅行は荷物に限らず、意外と気をつけなければいけないことがたくさんあります。私が現役時代からよく言っている項目は4つ!(本当はまだたくさんあるけど、言い出したらキリがないので厳選しました笑)

子連れは夏よりも予備の服を少し多めに持っていく

子連れ旅行は何かと荷物が多い!できるだけ少なくしたいですよね。しかし、冬は半ばあきらめましょう。子連れ旅行の鉄板といえば、そう!洗濯旅行に行っても洗濯はつきもの。むしろ帰ってから大量の洗濯に襲われるよりもまだまし?

しかし!冬の洗濯は強敵!なぜなら、厚手の服が多くて生乾き&乾かないから。潔く服を多めに持っていきましょう。特にパーカーとかニット系は余分に1枚持っていくことをおすすめします。

カップルデートでコーディネートを意識しすぎて荷物を増やさない

デートで旅行に行く時、ついつい荷物が増えます。特に女性!アクセサリー・靴・服など。可愛くいたい!おしゃれでいたい!わかります!でもこれ邪道です。ケンカの元になります。(荷物が多すぎるから)スタイリッシュにおしゃれを楽しみましょう。

私は基本旅行の時(2泊3日)だと、ワンピース・ボトム1本・トップス3枚を着まわします。ニットのカーディガンは有能!ワンピースはセットアップで出来上がるので、荷物が極端に減ります。靴はヒールは履きません。パンプス一択。それかスニーカーorブーツで行って、バタフライツイストに履き替えます。(これ有能)

バタフライツイストは、折りたたみのパンプスなんですけど、歩き心地最高!きっと外歩きをする女性の皆様は履いているんじゃないかな?息子の参観日用に1つ、外歩き用に1つ持ってます^^名古屋パルコにお店入ってもうありがたみの強み!(笑)

公共交通機関の運行情報・天候を意識する

特に冬の北海道は運行状況をチェックしてほしいところ。滑走路凍結で欠航になることよりも、視界不良・風速で定刻通りの運行ができないパターンが想定されます。北海道に限らず、全国各地で天候不良によって鉄道・バスなどの公共交通機関が乱れることも。

特に都心部は雪にすこぶる弱い!(笑)冬は天気予報とにらめっこ。そして、万が一トラブルに遭遇したときのために、アクセス手段や対策をいくつか考えておきましょう。旅行に行くときは万が一帰れなかったときのことを考えて、帰宅日翌日を休みにするか午前中半休にしておくといいですよ^^

施設の営業時間を事前に確認しよう

テーマパークの営業時間を見てみるとわかりやすいと思います。冬って、営業時間が短い施設やいつもより休日が多いです。ディズニーランドでさえ、1月は18時〜19時クローズなんです。そう。閑散期に入るんですよね(笑)

なので、ガイドブックなどを参考にして実際に行ってみると「あれ!?休み!?」なんてことも。事前の下調べはしっかりしましょうね^^施設によって入園料のディスカウトチケットが配布されることもあるので公式サイトは絶対!

アプリ限定クーポンや、会社の福利厚生でベネフィットなどに加入している場合はそっちも要チェック!

まとめ

冬の国内旅行は日本の魅力を再確認できるシーズンだなって思ってます^^実際、私も冬の旅行は海外よりも国内に行くことが多いです。(たまにハワイに浮気するけども)

見て・食べて・感じて楽しめる冬の国内旅行!みなさんのおすすめスポットをどんどん増やしてくださいね^^

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です